2010年01月23日

「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)

 小沢鋭仁環境相は21日、都内のホテルで、日本商工会議所の岡村正会頭や幹部と懇談した。岡村氏は、地球温暖化対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)をめぐる国際交渉について、「主要排出国の参加や(日本と他国の温室効果ガス削減目標の)公平性、環境と経済の両立を確保するとの信念を通して当たってほしい」と要望。これに対し同相は、政府が掲げる「温室効果ガス25%減」目標をてこに、他国にも高い目標を掲げるよう働き掛けることを説明し、理解を求めた。 

【関連ニュース】
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置
住生活G、太陽光発電設備を製造・販売
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響
途上国の環境技術支援=アジア中南米フォーラム閉幕
同盟深化、見えない具体像=影落とす普天間

<陸山会土地購入>地検捜査巡りシンポ(毎日新聞)
蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)
第142回芥川賞は該当作なし(読売新聞)
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 (産経新聞)
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も (産経新聞)
posted by カジヤマ コウジ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。