2010年02月12日

医療に「満足」は57%―日本医療政策機構調査(医療介護CBニュース)

 日本の医療に「満足」している人の割合は全体の57%であることが2月8日、日本医療政策機構の世論調査で分かった。昨年から2ポイント、調査を開始した2006年からは16ポイント上昇し、過去最高となった。

【現政権の医療政策に対する評価詳細】


 調査は1月に、全国の成人男女1650人を対象に調査員による訪問留め置きで実施。1024人から有効回答を得た。

 項目別で満足度が高かったのは、「診断・治療等の技術の質」(66%)、「医療の安全性」(60%)、「医療機関へのアクセス」(同)で、医療の内容やサービスへの満足度が高かった。一方、低かったのは「制度決定への市民参加の度合い」(15%)、「医療制度の分かりやすさ」(18%)、「制度決定プロセスの公正さ」(19%)で、制度の分かりやすさや決定までのプロセスには8割の人が「不満」だった。
 06年の調査と同様の傾向だが、内容やサービスへの満足度はより高まり、制度決定のプロセスなどへの不満はより多くなっている。

 自分や家族の将来を考えた時、不安を感じる点としては、「深刻な病気にかかった時に医療費を払えない」(79%)、「医療ミスに遭う」(同)、「必要な時によい医療を受けられない」(74%)が多かった。

■「事業仕分け」「医師養成数1.5倍」を評価は6割強
 鳩山政権がこれまでに実施したか、民主党がマニフェストに掲げた医療政策への評価を尋ねる設問では、65%が「事業仕分け」を評価した。このほか、比較的評価が高かったのは「医師養成数1.5倍」(64%)、「たばこ税の増税」(60%)などだった=グラフ=。


【関連記事】
外来患者の約6割が病院に「満足」
医療費不安、若者や非正規に拡大
患者の待ち時間を少しでも短く、快適に
公約実現どこまで?−2009年重大ニュース(9)「鳩山新政権発足」
中医協人事で、全国紙が一斉に社説

石川知裕議員 近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
<クレヨンしんちゃん>最終回を掲載 臼井儀人さん死去で(毎日新聞)
国内医療用薬が微減も大幅増益―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
<多摩のNPO>スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
千葉大生殺害事件、強殺・放火容疑で逮捕へ(読売新聞)
posted by カジヤマ コウジ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず−南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)

 第51次南極観測隊の本吉洋一隊長らが8日、南極・昭和基地と国立極地研究所(東京都立川市)をつないだテレビ電話会見を行い、新たに隕石(いんせき)635個を採取したことなど、活動成果を報告した。
 二代目「しらせ」の初航海となった51次隊は、予定より約1週間遅れて1月10日に昭和基地沖に接岸。砕氷能力が大幅に向上した「しらせ」だったが、例年の約2倍、4メートル近い厚さの氷に阻まれたといい、本吉隊長は「先代のしらせでは接岸できなかったかもしれない」と語った。
 51次隊では、小島秀康・同研究所教授らが9年ぶりに隕石採集を実施。昭和基地から西へ約600キロ離れたセールロンダーネ山地をスノーモービルなどで延べ17日間探索し、最も大きなもので重さ5キロの隕石を含む、計635個を採取した。
 今回採取されたのは、いずれも小惑星帯由来の隕石。中には、希少な種類も含まれているといい、日本に持ち帰り詳しく分析する。
 日本は約1万6200個の隕石を保有。かつては世界一を誇ったが、昨年4月時点では約1万7300個の米国に水をあけられていた。今回の探査では届かなかったが、極地研は今後6年間で3回の隕石探査を計画しており、世界一奪回を目指している。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕The Northern Lights オーロラの世界
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側

白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待−金沢大(時事通信)
<河津桜>開花始まりメジロも喜ぶ 春いよいよ 静岡(毎日新聞)
シーツ交換、ガマンの限界は? 年代で大きな差(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
囲碁 小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
posted by カジヤマ コウジ at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【新・関西笑談】女性は一生輝ける(1)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)

 ■人生に迷ったときに響いた言葉 “女性でも目標を持ちなさい”。

 5月1日から中国・上海で開催される上海万博。10月31日までの会期中に約7千万人の来場者が見込まれており、今年は上海に世界の注目が集まる。上海観光親善大使を務める本堂亜紀さんはカメラマン、モデル、女性自立の会の主宰などマルチな才能を発揮し、“女性は一生輝ける”とメッセージを送り続けている。(聞き手 香西広豊)

 −−かなりの長身ですが、子供のころから背は高かったのですか

 本堂 高かったですよ。中学3年で171センチ、高校卒業時に175センチ。ここで止まるかなと思ったら、さらに伸びて20歳で現在の177センチになりました。三姉妹の末っ子なので、幼少のころは、父に対しては甘えん坊でしたね。父とは、よくテレビで放送される映画を見ていました。とくにお気に入りだったのがアクション映画。「私も強くなりたい」との一心で、小学生のときから1日100回の腹筋を始め、今でも続けています。

 −−学生時代、バレーボールではトップクラスの選手だった

 本堂 父が国体にも出場したバレーボール選手で、バレーはいつも身近にありました。本格的に取り組んだのは小学6年のとき。それから中学、高校、短大、社会人とバレー一筋でした。ただ、基礎体力ができていないのに、背が高いということだけでレギュラーに抜擢(ばつてき)され、苦労したこともあります。高校3年のとき、キャプテンになったのですが、そのときに“リーダー学”のようなものを学んだと思います。

 −−短大卒業後、松下電器産業(現パナソニック)に入社します

 本堂 わが家は“松下ファミリー”なんですよ。父と母は松下冷機(平成20年4月、松下電器産業に吸収合併)に勤め、社内恋愛でゴールイン。さらに長女と次女は松下電工(現パナソニック電工)に入社しました。私も就職は松下しか考えていませんでした。松下電器産業では、受け付けとして約3年間勤めました。

 −−その後、現在所属している事務所の代表、広中一人氏に出会うのですが

 本堂 松下でもバレーボールを続けていたのですが、腰を患って引退。これからの人生をどう過ごしていくか迷っていたときに、たまたま出かけた講演会で広中一人先生に出会いました。そのときの先生のテーマが『女性の自立』。“女性でも目的・目標を持ちなさい”というメッセージが心に響いたのです。講演終了後、会場で先生にいきなり「弟子にしてください」と頼み込みました。

 −−広中さんもさぞ驚いたのでは

 本堂 広中先生は私を見上げて「大きいからモデルでもやったら」と。それからモデルとして撮られることを始め、その2週間後には先生に「(今度はカメラマンとして)カメラを持ってみたら」と言われました。カメラには興味がなかったのですが、レンズ一枚越しにモデルとカメラマンの両方の気持ちがわかるようになりました。

 1日100回の腹筋は今も欠かさないという本堂亜紀さん。地道な努力がモデルとしての美しいプロポーションを維持している(鳥越瑞絵撮影)

                   ◇

【プロフィル】本堂亜紀

 ほんどう・あき 大阪府生まれ。大谷女子短大卒。平成6年松下電器産業(現パナソニック)入社。9年に退職後はカメラマン、モデルなどに転身、11年に女性自立の会「FILLE(フィーユ)」を発足。15年に上海市から上海観光親善大使に任命され、各イベントでPRに努めている。中国国際航空イメージガール。

鳥取不審死、運転手水死も強盗殺人容疑で立件へ(読売新聞)
ダンピング競争慎んで 前原国交相が日航に苦言(産経新聞)
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」−横浜地裁の裁判員裁判(時事通信)
「作品に大きな啓発力」=故平山郁夫さんのお別れの会(時事通信)
<交通事故>コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)
posted by カジヤマ コウジ at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。